ようこそ

大阪の下町 緑橋にあります大正時代の町家を改装した「燈-あかり」内「珈琲×麦酒 スタンド」の前店主が、今度は東心斎橋の2号店主に!お店のことや日常のことなど綴ります。

2014年6月23日月曜日

ぽっかり穴が開く

  私の母の実家は岐阜にある白川郷の合掌造りです。1995 年に世界文化遺産に登録されました。
大人になってからは冠婚葬祭などでしか行けてないけど、子供の頃は毎年夏休みに一ヶ月近く滞在してました。
都会(?)育ちの私は何もかも新鮮で、自然の良さ、古いモノの良さ、人と人とのつながりの大切さなど、この場所があったからこそたくさん学べました。
そんな私の原点の場所に、ちょっとした異変が!!

何気なくFacebookを見てたら衝撃ニュース!

三分の一ほど切り倒された松
 6/17 家の前に当たり前のように聳え立っていた松が切り倒されるというのです。
一瞬、目を疑いました。しかし何度読み返してもそう書いてある。
枯れてきたらしい。
あまりの衝撃に暫くキョトン。
松の回りで遊んでいた子供の頃の光景が次々と浮かんでくる。いつも松の木に触れ、自然と木の持つエネルギーをもらっていた。

切り株に...
気がつくと涙が溢れ出た。

時が経つにつれ松の根っこは家の下に張り巡らされ、松はだんだんと傾きはじめ、松にとっても家にとっても良くない状態になっていた。だから仕方のないことだと思っても、やっぱり悲しい。

今も尚そこに住んでいる叔父一家がいちばん悲しんでいるやろなぁ。
天国にいるいじいちゃんおばあちゃんは、どう思っているんかな...

0 件のコメント:

コメントを投稿